教え子ビッチ~クラスの優等生を誰とでもハメるヤリマン優等生に育成してみた~

【DMMコミック】同人:教え子ビッチ~クラスの優等生を誰とでもハメるヤリマン優等生に育成してみた~ SP/PC-SEO
教え子ビッチ~クラスの優等生を誰とでもハメるヤリマン優等生に育成してみた~
みなさん、こんにちわ。

エロマンガ立ち読み放題の管理人のかおるです。

片田舎の女子校で教鞭を取る「俺」。

特に仕事に情熱を持っているわけでもない、しがない一教師。

ある日、受け持ったクラスでも一番の清楚な美少女「ミサキ」に突然の告白を受ける。

ラッキーとは思うものの、教師と生徒の恋愛は当然御法度。

そこで「俺」は、泣く泣く適当な理由を付けて彼女の告白を断った。

「俺、お前みたいな優等生じゃなくて、ビッチなギャルの方が好みなんだ」

だが、告白を断る方便として放ったその一言が、彼女を思わぬ方向に変えていってしまうのだった…――数日後。

再び「俺」の目の前に現れたのは、服装・髪型・メイク・口調。

その全てが「すぐヤラせてくれそうなギャル」へとイメージチェンジしたミサキ。

「これで、あたしと付き合ってくれるんでしょ?せんせーのためなら、あたし、なんだってするんだから。ヤリマンビッチにだって、なるよ?ほら…せんせーなら触っても、イイよ…?」

そう言いながらスカートを捲し上げ、惜しげなくパンティーを見せてつけてくるミサキ。

そこで「俺」は、初めて気付く。

以前の清楚なイメージからは想像つかないほど、実は彼女がとんでもなく卑猥な身体をしていることに。

そして…彼女は、自分の言うことならきっと何でも聞くのだということに。

その瞬間――「俺」の中に、ムラムラとドス黒い欲望が湧き上がる。

「教師としてこの教え子を、立派なヤリマンビッチに育ててやろう」と……

【DMMコミック】同人:教え子ビッチ~クラスの優等生を誰とでもハメるヤリマン優等生に育成してみた~ SP/PC-SEO
教え子ビッチ~クラスの優等生を誰とでもハメるヤリマン優等生に育成してみた~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.