巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない

巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない
みなさん、こんにちわ。

エロマンガ立ち読み放題の管理人のかおるです。

「ごめんなさいあなた…でも私、もっと気持ちよくしてくれる人とエッチしたいんです」隣家に暮らす人妻、高宮真由さん。

優しくて上品そうな彼女の夜の顔を…僕は知ってしまった。

覗き見した夫婦の寝室で、夫との淡白な行為の後に彼女が浮かべた物足りなそうな表情を。

きっと真由さんはまだ知らない。本物の男、本当の快感を。だったら僕が…!!

夫が酔いつぶれた夜に高宮家を訪れた僕は、盗撮写真で彼女を脅して浮気セッ○ス。

それ以来、真由さんは口止め料として僕に身体を捧げ…アパートで、ホテルで、大学のそばの野外で、人妻とエッチしまくる日々。

ただ大人しく従うだけだった彼女は、やがて自分から夫以外の子種を求めるようになって…!?

巨乳妻が油断しすぎで寝取らずにいられない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする