仕事に夢中で行き遅れた女上司は押しに弱くて危ないので俺が幸せにします(フルカラー)

【コミなび純稿】仕事に夢中で行き遅れた女上司は押しに弱くて危ないので俺が幸せにします(フルカラー)vol3
仕事に夢中で行き遅れた女上司は押しに弱くて危ないので俺が幸せにします(フルカラー)

みなさん、こんにちわ。

エロマンガ立ち読み放題の管理人のかおるです。

宮嶋千佳子は誰もが憧れる理想の女上司だ。

そんな彼女と飲んでいたら、なぜか恋愛話に…!

この機を逃すかと思い切って告白してみたら、「男の人からそんな事言われたのは初めて…」と、テレて下を向いてしまった。

なんて可愛いんだ!!酔った勢いでホテルに誘い、濃厚なキスをする…彼女も嫌がっていない。

それどころか自分の年齢を気にして「私でいいの?」と問いかけてきた…!

もちろん全然OKです!

豊満なおっぱいをむさぼり、柔らかいアソコをくちゅくちゅさせると、彼女の口から熱い吐息が漏れてきた…。

舌のお口からは熱いお汁が!

たまらなくなりゴムを用意すると、彼女はその手を止め、そっと呟いた…「今日は大丈夫だから…あなたをそのまま感じさせて…」と。

【コミなび純稿】仕事に夢中で行き遅れた女上司は押しに弱くて危ないので俺が幸せにします(フルカラー)vol3
仕事に夢中で行き遅れた女上司は押しに弱くて危ないので俺が幸せにします(フルカラー)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする